2019年05月14日

7年間の喪失感も・・・。

そして、連休開始前のちょうどブログが更新できなくなっていた時期ぐらいから
不具合が続いていた運営管理者のPCがついに「おなくなり」になりました(>_<)。

開所よりも早く、
さらにソーシャルガーデン合同会社の誕生(登記)前に準備した
思い入れのあるPCです。

そりゃぁ、もちろん消耗品ともいえるHDDを7年間使い倒してきたのですから、
来るべき時が来たということになりますが・・・。

メモリもマザーも無事は確認済み。
残るは・・・症状的に見ても、HDD・・・。

幸いなことに、99%程度のデータはなんとか3日間徹夜に近い状況で逃がし続けたのですが、
ついにHDDがクラッシュ。



古くなった端末のHDDからSSDへの換装で同時期購入の同タイプの1台は無事に移植を終えたのですが、
私が使ってきた端末のHDDはあきらめなければならない状況となりました。

そっか、リカバリ領域すら読めなくなるんだったね・・・。
システムイメージすら書き出せなくなるんだった・・・。
クローンも、セクタを読み切れなくなるんだった・・・。
まだ、ほかにやれることあったかな・・・。

そんな感じでひたすらにいろいろな手を打ってみましたが・・・。


何もでもそうですが、

「悪くなってからでは何もうまくいかなくなる。」
「いい時にいつか来る不調の準備を行っておくだけでは(どうも)足りないみたい。」
「いい時にこそきっちりと次の攻めの手を打っておくことこそが肝要。」


それこそが本当に大事だと思い知らされました。
ほかのすべてのことでも、そうだと思います。

私たちの就職なども本当にそうだと思います。

結局、「ニコイチ」でいろいろとカスタマイズしていた同タイプのPC2台の
いいとこどりで再構築して使う羽目になってしまいましたが・・・。

外は私の使ってきたPCですが、
中身は私のPCではないという奇妙な違和感・・・。


最近、ハードのトラブルで重大なイベントはなかったものですから、
いろいろな勉強になりました。



socialgarden at 14:37