ソーシャルガーデンのブログ

このブログは、愛媛県松山市で就労移行支援事業を行っている「ソーシャルガーデン」が運営しています。

カテゴリ: 就職

新年度の国家公務員試験の概要について

人事院から発表がありました。

国家公務員 障害者選考試験

詳細はまだ発表されていませんが、

やはり、事前報道の通り、9月試験に変更となっていますね。

6月から申し込み開始。

今年もまた、公務員試験対策班を編成して受験遠征に行かなきゃ。



今年は、

昨年度の試験で様子を見られた方が出てこられる可能性が高い

と考えていますので、
昨年以上の準備をしないといけませんね。
詳細はまたいろいろ読み込んでからかな。

もうすでに、5月の10連休も終わったぐらいになりましたが・・・。

あまりに忙しすぎて、ブログの更新ができてませんでした(>_<)。

まだ毎日就職に向けて頑張ってます。

前回の更新が3月10日だから、ほぼ2か月間。

あれから・・・。

就職者の方の送別会をしたり
最終日のお見送りをしたり(年度就職者5人目)

お花見の計画をしたら、
前後10日間晴れ予報の中でそこだけが激しい雨になったりして、
(必ず雨が降ると思っていたと私自身も認めながら・・・)
仕出し弁当を発注していたため、日付を変更することもできずに
建物の中でお花見をしたり。

また、就職者の方の送別会をして
最終日のお見送りをして(年度就職者6人目)

就職修了していた方の
無事公務員正職への転職をお祝いしたり。

就職修了者の最後の手続きや、
管轄である松山市への届け出など、
バタバタ感が続き、
あっという間に年度が過ぎ去り・・・。

((ここまでが 平成30年 3月までの出来事))

2月の合同面接会と公務員採用試験。


合同面接会では、
1名の方が
26日火曜日から3月4日月曜日まで
次の段階の職場実習に進むことは書いておりましたが、

さらにもう1名の方について、
銀行(金融業)での就職が決まりました。
20日水曜日に連絡をいただき、
21日木曜日に最終面接と内定の通知を頂きました。
3月末日で私どもの事業所のサービスを終了。
4月1日から晴れて社会人デビューとなります。
パソコンのスキルで必要な内容をお伝えいただきましたし、
あと1ヶ月少々のお時間を頂いておりますので、

パソコンの応用以上のスキルと、
ビジネスマナー、
個人情報保護(やはり企業内情報の保護は必須)
想定していた通勤方法の実際の確認など・・・

社会人となる準備を最後の最後まで進めていく必要があります。
ご協力いただいたすべての皆様へ、まずは感謝の気持ちを込めて。

私どものサービスはゴールとなりますが、
本人にとってはスタートとなります。

最初の就職となる方ですから、
直前まできっちりと馬車の役目(コーチングのことです)
を果たしていかないと。

ただ、
本当に、
素晴らしく
有難く
喜ばしいことです。


勝手に想定していた以上に、

試験日程の進行や、内容が「良い」選考試験となっているなぁって感じました。
職員採用試験では、お手本のような進め方だなって。


日程も絶妙(良いだけではなく、本当に採用の選考試験を行っている期間として、あらゆる意味で「上手い」と感じます)。
そして、内容。

1次筆記試験突破者の手元に届いた面接エントリーシートを拝見したのですが、
本当に質の高い無駄のない問いかけだなって。

本当の志望動機は「仕事が欲しい」という方には
とても用意が困難な内容だと(もちろん、場慣れしてある程度演技的な内容を書ける方もおられるとは思いますが、今回は応募者同士の質の競争も求められていますから)。

逆に、真剣にこの仕事に就きたいと考えている方を
見つけだす為には、素晴らしい内容だと感じさせられます。

本当に、挑戦出来ている方々は、良い経験が出来ているなって。
私どもの関連の方が受かるのが望ましいですが、
今回は、意欲だけではなく、
採用に臨む過程と採用後の「覚悟」の量が足りるかどうか・・・かな。

明日の適性「検査」。
16日の口述試験。

今回、取り組んでいるだけで社会のシステムや
考えさせられる事が満載です。

民間企業を受ける際に必要となる企業研究の枠を超えて、
改めて今、この場所(応募エリア)で生きている事、
生きていくことなど全てのビジョンを問われている気がします。

(難しく考えすぎではあるのですが、
どこまで準備しても
人様の人生が変わる可能性があるイベントに関わっている以上、
「最適解」にたどり着くだけでは不安が消えませんし。)

せめて・・・、差し出すべき「コスト(代償)」の量が分かるといいんだけど、
それは、これまでのその個人の経験とか、
残存能力とか
当日に向かうコンディションとか
採用後に、健康状態を第一に考えられるかなど、
本当に絡む要素が多すぎて、隣りで挑戦に寄り添っているだけで、
求められている確実さと大きさに驚かされます(>_<)。

なんだか、やはり参加者が減ったなというのが感想です。

落ち着いた雰囲気で進行してるなぁって。

同時に実施されている公務員試験の余波だと思われますが、それは選択の幅が広がった結果ですし、これはこれで良いのかと考えます。

企業さんの中には、今回はあまり採用に積極的ではないのかも?と(勝手に想像して)思われる企業もありましたし、
職歴がある即戦力の方を対象にされているのが明確な企業さんもありましたし、
変わらず、丁寧な面接を一人一人にして下さった企業さんもありました。

やはり採用面接担当者の方が「引き出す面接」をして下さる企業は本当に頭が下がります。
一人一人の良い部分の可能性を少しでも拾って、二次面接でマイナスも含め、「プレッシャーが日々強くなっていく期間が開いても安定しているかどうか」とかさらに上積みのプラスがあるかどうかなど、その人柄をもっと見させてもらおうという事だと思いますが、本当に丁寧に応募者が話しやすい雰囲気を作る為に時間を割かれている企業の方を見ていると、
もっと、トレーニングをしっかりと計画的に進めて、我々側がしっかりと整ってから採用面接に臨む必要性を感じさせられました。

あと今までは、面接練習をしっかりとやり込んで合同面接会に臨む方(一般就労での面接レベルで自分を伝える練習をしてこられている方)は・・・、私ども以外にあまりお見受けしていなかったのですが、今回の合同面接会で「( ゚д゚)ハッ!」とさせられたのは、恐らく大学新卒の方で非常に熱意が伝わるしっかりとした面接が出来ている方が数名見られました。

もちろん、彼らは今回の公務員採用試験に主たる照準を合わせて、総合的に就職活動をされておられる方と思いますが、今後、応募者のレベルは上がっていくのだろうなと感じました。

↑このページのトップヘ